アニメ

ハイキュー/4期/動画/4話や無料アニメ見逃し配信再放送まとめ

ハイキュー/4期/動画4話や無料アニメ見逃し配信再放送まとめ
TBSテレビで放送される
『ハイキュー!! TO THE TOP/アニメ/4話』についての記事です

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

ハイキュー/4期/アニメ/動画/4話/無料視聴

ハイキュー!! TO THE TOP アニメ /4話や動画番組内容

第4話「視点」▼牛島(声・竹内良太)たちとの練習試合を外から見ていた日向(声・村瀬歩)は、これまでただボールを追うだけでは気づかなかったあることに気づき…。番組内容日向(声・村瀬歩)・影山(声・石川界人)・月島(声・内山昂輝)が不在の中、烏野高校排球部は常波高校との練習試合に臨む。 一方、牛島(声・竹内良太)たちとの練習試合を外から見ていた日向は、これまでただボールを追うだけでは気づかなかったあることに気づき…。

ハイキュー!! TO THE TOP キャスト

(日向翔陽)村瀬歩 (影山飛雄)石川界人 (澤村大地)日野聡 (菅原孝支)入野自由 (田中龍之介)林勇 (東峰旭)細谷佳正 (西谷夕)岡本信彦 (月島蛍)内山昂輝 (山口忠)斉藤壮馬 (縁下力)増田俊樹 (清水潔子)名塚佳織 (谷地仁花)諸星すみれ (武田一鉄)神谷浩史 (烏養繋心)江川央生(黒尾鉄朗)中村悠一 (孤爪研磨)梶裕貴 (木兎光太郎)木村良平 (赤葦京治)逢坂良太 (大将優)興津和幸 (宮侑)宮野真守 (星海光来)花江夏樹 (佐久早聖臣)鳥海浩輔 (古森元也)上村祐翔 ほか

ハイキュー!! TO THE TOP スタッフ

原作古舘春一「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中) 監督佐藤雅子 キャラクターデザイン岸田隆宏 総作画監督小林祐音楽オープニングテーマBURNOUT SYNDROMES 「PHOENIX」 エンディングテーマCHiCO with HoneyWorks 「決戦スピリット」 音楽林ゆうき、橘麻美

ハイキュー4期 アニメ動画4話視聴者評価ネタバレ

元々わたしはバレーボールをやっていたこともあり、このアニメはアタックナンバー1以来のバレーボール漫画ということもあり、とても内容を楽しみにしています。
また、現実世界の春高バレーもしっかりと出てくるあたりも、作者が実際にバレーボール選手だった背景があるのだと思います。
実際のバレーボールの難しさや、昔の自分の経験も思い返す事ができる熱い漫画ですので、バレーボールに興味が無い人も楽しめる内容なのではないでしょうか。

主人公はバレーボール選手としては小さな身長ながら、最高到達点が330㎝にもなるなど、類まれなる運動神経の持ち主で、今は春高バレー全国大会に向けて、強化合宿にいるところですが、自分の経験と照らし合わせてもやはり全国大会の前の強化合宿はメンタル的にも体力的にもとてもきつかった思い出がありますので、主人公の日向もボール拾いとして参加しているものの、そうした空気を感じているのではないかと思います。

この春高バレーに向けた練習風景では、現実離れした描写は時々あるものの、実際のバレーボール選手の観点から描かれている漫画ですので、毎回楽しみに拝見しており、今回の合宿シリーズでもどの様な展開になるのか楽しみです。

ハイキューのシリーズは主人公だけでなく、先輩から脇役、はたまた敗者までキチンと描かれている青春群像劇として、とても素晴らしい作品です。

主人公の特別な能力は描かれているものの現実的で、バレーボールのチームとしての考え方や戦略性が細やかに描かれています。

アニメだけでなく、現実の試合の見方も、きっと変わること間違いなしな作品です。

主人公はバレーボールというスポーツに絶対的に必要な身長が無いというハンデを背負いながら、それをカバーする反射神経と情熱、持ち前のポジティブさとチームワークによって様々なライバルと呼べる強豪校を打ち破りここまで勝ち上がって来ました。

ハイキュー4期 アニメ動画4話視聴者評価感想

『ハイキュー!!TOTHETOP』では春高全国大会まであと1カ月という時期に天才セッターである影山は全日本ユースの強化合宿に選ばれ、月島は宮城県1年生選抜強化合宿に選ばれます。

チームメイトが選ばれ、先を行く姿に焦燥感を感じた日向は選ばれなかったにも関わらず、宮城県1年生選抜強化合宿に無謀にも乗り込み、半ば強引に居座り、ボール拾いのポジションを得て合宿に加わります。

日向は当然選手では無いので、試合には加われません。焦りの中で日向が見い出す答えとは何か。

ひたむきさは、他人の目から見れば馬鹿馬鹿しかったり、滑稽に映ることもあります。また、限られた時間と立場、焦りの中からレベルアップの突破口を日向はどのように見い出すか。胸が熱くなること間違いなしだと、私は期待します。

ハイキュー!!TOTHETOPはジャンプの人気作品のようだ排球部と言うのがあってそこの部員の物語だ。あまりなじみがない球技だけど演習はたくさん必要なようだ練習風景はバレーボールにも見えるけど、違うのよね春高全国大会まであと1カ月。

対価戌向けて気持ちも引き締まる部員の中に選抜強化合宿に乗りこんだ日向はボール拾いとして合宿に加わることになった。

土下座の勢いで頼み込んだのだ。そんな中、練習試合の相手として白鳥沢3年OBがやって来る。敵同士じゃなく味方として一緒にが祝を始める。いつもと違うという刺激がいい結果になるという先生2Mもある選手もいる。

日向はサポート同士で組むことになるあまりうまくもない日向さんは基礎体力をつけている。

最後までボール触っていると監督からも評価を高いが練習にはくわえられないようだ日向君以外の人のテンションは異様に低い。のが対比として面白い。

主人公は猪突猛進たいぷ。説教ばっかり受けている。へたくそと言うのは定評らしい。サポートはしっかりやる日向いじらしいなあ。

じれったいなあと思いつつちょっとでいつか出番がほしい日向君の願いがかなうといいねえ。好きでなきゃやれない事なんだしね。

ハイキュー4期 アニメ4話までのまとめ

日本のアニメは、ストーリー、イラスト、魅力的な登場人物など素晴らしいところがたくさんあると思います。

まず、アニメに登場してくる主人公の男の子や女の子、思わずこんな人が現実にいたら、と惚れ惚れしてしまう、キャラクター作りが凄い、と思います。

そればかりか、現実には、ほぼ有り得ないほどのイケメン、とてつもなく可愛い女の子、日本のアニメの絵柄の凄さは半端ないと思います。

そして、思わず感嘆してしまうのは風景の描写の素晴らしさ。

中には、まるで、実写のようで写真では?と思わず疑ってしまいたくなるほどのクオリティの高いものがあり、日本人ならではの繊細さや美しいものへのこだわりが、こういった素晴らしい作品を生み出すのかな、と思います。

子ども向けのアニメもイラストや色使いが綺麗なものが多く、ストーリーもよく考えられており、大人の私が見ても、時に抱腹絶倒、時に感動しすぎて、涙してしまうほど、本当に素晴らしいと思います。

最近では、日本だけでなく、世界の人も日本のアニメにハマってしまう人がいるのは、頷けてしまうな、と思います。

アニメは日本が世界に誇れる文化であり、技術であるのは、ある意味、当然なのかもしれません。

下記にてハイキュー!! 4期 アニメ/動画/4話アニポ、anitube、kissanime、b9、「アニチューブ」「アニチューブX」「ANITUBE」pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfunなどでは見れないです

下記にて

(無料視聴できます)

↓ ↓

ハイキュー!! 4期 アニメ/動画/4話